不妊相談は裾野市三島市御殿場市のよろず漢方薬局
不妊相談は裾野市三島市御殿場市のよろず漢方薬局
  • 不妊と漢方
  • 皮膚病と漢方
  • 様々な病と漢方
  • 生活養生と漢方
  • 子供と漢方
  • ペットと漢方
  
TOP >> 不妊と漢方 >>不妊の方の妊娠例(2)
2010年12月23日 投稿

不妊の方の妊娠例(2)

    

不妊漢方例.jpg当店にお越し頂いている不妊の方は、千差万別、様々な状況の方がいらっしゃいます。お店を開店してから2年が経過し、妊娠された方は30名ほどとなってきました。その中には7,8年間不妊だった方が授かった例もあれば、早く授かりたいから結婚する前から漢方薬を飲み始めて、めでたく数カ月で陽性反応が出た方もいらっしゃいます。
しかし残念ながら1年以上服用していても授かっていない方もいらっしゃいます。

不妊の方が漢方薬の服用を検討する時に、どの程度の期間飲んだら効果が出るのかという点がもっとも気になることかもしれません。実際のところはその方の状況によって回答が異なり、やはり不妊期間が長い方は改善にも時間がかかります。また男性が協力的で一緒に漢方薬を飲んだりしている方は比較的早く結果が出るように思います。あまり短期間での効果を期待し過ぎるとかえってストレスになる場合もあるので、出来る限り長い目で見ての服用を考えた方が良いでしょう。

とはいえ気になる内容ですから、出来る限り皆さんに情報をオープンにしていきたいと思っています。集計が済みましたらグラフなどにして公開したいと考えています。

さて今回は最近の妊娠例を具体的に紹介します。プライバシーの問題もあるため、ややあいまいな表現もありますがご容赦ください。

1)41歳、第2子不妊(第1子9歳)
二人目を望んでから6年経過。体外受精を6,7回行ったが着床せず。検査は問題なし。子宮下垂、疲れ、ストレス。

婦宝当帰膠」と「衛益顆粒」を服用
疲れが楽になった。

約3カ月服用後に周期療法開始。「婦宝当帰膠」併用。

4周期後に採卵。胚盤胞を凍結、次周期に移植。周期療法継続。

判定陽性。妊娠中も漢方薬を服用しつつ帝王切開で男の子を無事に出産。

2)37歳、望んでから5年
2年ほど前に人工授精を5回ほど行うも妊娠せず。検査問題なし。冷え、便秘、肩こり。

周期療法をスタート。「婦宝当帰膠」併用。

4周期後、ややお薬の内容を変えて周期療法継続。

判定陽性(自然妊娠)。妊娠中も漢方薬を活用し、帝王切開となったが女の子を出産。

3)34歳
マラソンなどハードな運動を行っているためか、生理不順で周期は35日から60日とまちまち。ストレス多い。
近日中に入籍予定、早く妊娠したい。

逍遥丸」を服用。

大きな変化は無く、33日目に高温になった。

1か月後判定陽性。

4)29歳 1年前より妊娠希望
4cmほどの子宮筋腫あり。生理血が黒い。肩こり、便秘。
ご主人は下痢気味でストレス多い。

奥様「加味逍遥散」「婦宝当帰膠」、ご主人「星火健胃錠」服用開始。

奥様、生理時の痛みが減った。上半身暑い。ご主人下痢の回数減。

約9カ月服用後奥様は「二至丹」を追加。ご主人は状況に合わせて「香砂養胃丸」などを服用。

約6か月後にご主人「イーパオ」服用。

その周期で判定陽性。

5)29歳 結婚6年目
約1年前に流産。その後不妊治療を行うも授からず。冷え強い。生理量減。疲れやすい。やせ形。
ご主人太り気味。暑がり、下痢しやすく疲れやすい。忙しい。

奥様「婦宝当帰膠」「参茸補血丸
ご主人「星火健胃錠」服用

2か月後ご主人の下痢が良くなり、「海精宝」「香砂養胃丸」に変更。

その1か月後に奥様「オリジン」追加。

約5か月後にご主人「温胆湯」と「海精宝」の服用に変更。

さらに約4か月後に判定疑陽性も妊娠せず。

1か月後に病院で卵管造影検査。漢方継続。

自然妊娠で判定陽性。


どなたも1周期でも早くと願っていますが、結果として時間がかかっている方もいらっしゃいます。
振り返ってみると、臨機応変に漢方薬を変更し、体質や体調に合わせて選択することが重要であると改めて感じます。そして根気強く続けていくことが何より大切です。


よく読まれてる記事