不妊相談は裾野市三島市御殿場市のよろず漢方薬局
不妊相談は裾野市三島市御殿場市のよろず漢方薬局
  • 不妊と漢方
  • 皮膚病と漢方
  • 様々な病と漢方
  • 生活養生と漢方
  • 子供と漢方
  • ペットと漢方
  
TOP >> 子供と漢方 >>風邪をよくひく
2008年11月25日 投稿

風邪をよくひく

    

風邪をひきやすい.jpg子供が風邪を引きやすいのは当然のことです。まだ免疫が未発達であり、大人ほど抵抗力がありません。ウイルスなどの侵入を許しやすいのは当たり前と言えます。かといって子供を外に出さないで育てていては、免疫力を強くすることが出来ません。子供の風邪は一つの"人生経験"と考えても良いのかなと思います。

しかし、鼻風邪程度であればいいのですが、熱を出せばやはり心配になりますし、保育園で子供を預かってくれない、楽しみにしていた行事に参加できないなどの困った状況がどうしても起きてきます。また、

★極端に風邪をひきやすく、一年中苦しんでいる場合
★一度かかると非常に重い症状を引き起こしやすい場合
★家庭の事情でどうしても風邪を引いて欲しくない場合

などは風邪の予防を漢方薬で行うことを考えてもいいのではないでしょうか。

以前も書きましたが、子供は五臓のうちの"肺"が弱いとされています。風邪をひきやすい子供は、この"肺"をケアすることによって、いわゆる身体の抵抗力、防御力を強化する必要があります。1年に5回も6回も風邪を引いてしまうようであれば、大きな病気の予防も兼ねて、将来を見据えての対処が肝心でしょう。

風邪対策でもっとも有名な漢方薬としては「板藍根(ばんらんこん)」があります。中国では非常にポピュラーな生薬であり、大多数の市民がその名前を知っています。中国ではこの板藍根を煮出して、毎日学校や家庭で飲む習慣があるためか、学校閉鎖がほとんどないそうですよ。
この板藍根が濃縮されて日本で粉状に製品化され、「板藍茶(ばんらんちゃ)」として販売されています。比較的手軽に服用できる風邪の予防薬として活用できます。

さて漢方薬を服用する場合には、子供といえども体質を判断する必要があります。そして、体質に合わせての漢方薬とともに、子供の場合は食養生も非常に大切です。一度は漢方の専門家と相談して適切なアドバイスをしてもらいましょう。

ご不明な点は下記の「3分簡単漢方相談」をご利用ください。もう少し詳しくメールにて説明させて頂きます。
3分簡単漢方相談

よく読まれてる記事