食事の摂り方のコツ.jpg健康な体作りのために、食事が大切であることは言わずもがな。今の自分の身体の状態は、その前約三か月に食べてきたものから成り、その食生活を物語っているとも言われます。
中医学には「補土派」と呼ばれる流派がありますが、この「補土派」は「土」すなわち消化器系機能を重視し、病気を治療していきます。いきつくところ、病気の原因は胃腸、食事にあるよ、と捉えるのです。それほど、食事は大事なのですよね。
とは言っても、この忙しい現代、バランスよく3回の食事を規則正しく食べている人の方が少ないのではないでしょうか。逆にあまりに気を使いすぎたり、情報に惑わされてしまうと、ストレスになってよくありません。食事は大切であることを意識しつつ、無理せずに、楽しく摂ることが大原則と思います。
さて、その食事の摂り方のポイントが、とある中国語のサイトに載っていましたので、ご紹介させて頂きます。健康な食事のコツが10項目あるとのことです。
http://big5.xuefo.net/nr/article12/121414.html
1、雑食
多くの食材を摂りましょう、15種類を目標に。
2、慢食
30回は噛んで、ゆっくり食事を摂りましょう
3、素食
野菜中心に質素な食事を摂りましょう
4、早食
早い時間に食べましょう 朝食は朝の早い時間に、夕食も早めにということですね
5、淡食
塩、砂糖、油は控えめにしましょう 味付けは薄めにということです
6、冷食
あまりに熱いものは食べないようにしましょう これは冷蔵、冷凍品を食べようということではないと思われます
7、鮮食
新鮮なものを食べましょう 鮮度があってこそ、食べ物の栄養が生きます
8、潔食
清潔にして食べましょう
9、生食
生で食べられるものは、生で食べましょう
10、少食
食べ過ぎに注意しましょう
日本でもよく言われていることかもしれませんが、このようなコツを覚えておくことで、随分違うように思います。
すべて実践することは難しくとも、出来る範囲で、自分なりのやり方で、食事に気を配ることが出来るといいですね。