笑顔が一番-よろず漢方薬局のきままなブログ

静岡県裾野市(三島市、長泉町、御殿場)よろず漢方薬局から様々な話題をお届けします

インフルエンザ新薬ラピアクタ

time 2010/01/22

インフルエンザ治療薬として、タミフル、リレンザに続いて、塩野義製薬から「ラピアクタ」という薬が今月中にも発売されるそうです。ラピアクタはぺラミビルという物質から作られた薬で、注射剤であることが特徴です。

インフルエンザの新薬として注目されそうですが、薬の作用機序についてはタミフルと全く同じであり、ウイルスが増殖していく過程で必要な「ノイラミニダーゼ」という物質の働きを阻害することによります。よって効果に関してもタミフルと同等で、使用しない患者は82時間症状が続いたのに対し、ラピアクタを投与すると約60時間に短縮されるそうです。約1日早く治る、ということですね。

またタミフルと同様に感染後48時間以内に投与しなければ効果はないとされます。さらに副作用も25%程度あるという結果が出ています。

利点としては一度病院に行って注射をすれば、その後はお薬を飲んだりする必要がないということ、でしょうか(症状が重ければ複数回投与するそうですが)。また薬を飲みこむことが困難な方には有用と思います。

インフルエンザに対抗する選択肢が増えることはいいことなのでしょうが、決して安心できるほど”効く”お薬ではないようですから過信は禁物です。やはり日頃の養生や漢方の板藍根で予防することなどが大切に感じます。

down

コメントする




今日の富士山

遊びに行った話

過去記事