笑顔が一番-よろず漢方薬局のきままなブログ

静岡県裾野市(三島市、長泉町、御殿場)よろず漢方薬局から様々な話題をお届けします

五月病対策を

time 2019/05/17

5月は草木の緑がまぶしく、天気が良い日も多い、心地よい季節で私は大好きです。
しかし5月病が知られる通り、精神的に不安定になる方が多いようです。

中医学で五月病に関する教科書の項目は見たことがないので、おそらく中国では無い現象なのでしょう。
4月が年度初めで、GWがあるという日本独自のシステムも関係しているのかもしれません。

中医学の理論で考えると、「春」は「肝」の季節であり、自律神経系が乱れやすくなります。
いうなれば、気持ちが不安定になりやすい時期と考えます。
暦の上では、夏の始まりである5月ですが、この「肝」の不調が五月病の主要因と言えそうです。

となれば、「肝」をケアする代表薬「逍遥顆粒」が五月病にはピッタリです。
もちろん、症状や体質に依って適する漢方薬は異なりますが、「逍遥顆粒」はこの季節に最も合ったお薬と言えます。
そして、「肝」を労わるには「血」を満たすことが大事であるため、鶏肉や貝類、ほうれん草などを積極的に食べることも重要です。
さらには発散のために、香りの良いセロリやかんきつ類なども五月病対策になると考えます。

梅雨前の気持ちの良い5月を楽しく過ごすためにも、上記対策を行ってみて下さいね。

down

コメントする




よろず漢方薬局よりお知らせ

今日の富士山

遊びに行った話

過去記事