笑顔が一番-よろず漢方薬局のきままなブログ

静岡県裾野市(三島市、長泉町、御殿場)よろず漢方薬局から様々な話題をお届けします

中国の北京、ハルビンへ

time 2019/08/02

夏季休業中は大変ご迷惑をおかけ致しました。
本日より、通常営業をしております。

お休みの期間、4泊5日で中国に行ってきました。
日本の子どもたち10人、大人は5人が羽田に集い、朝早くに出発し、北京へ向かいます。
北京では万里の長城と明十三陵を見学し、中日友好協会の皆様から歓待を受けたあとに、寝台列車でハルビンへ。
ハルビンには、日本中医薬研究会が設立に関与した少年宮があり、ここでも歓迎セレモニーがありました。
少年宮の子どもたちと日本の子どもたちは、言葉が通じないのに、意思の疎通を図り、すぐに仲良くなっていました。
特に中国の子どもたちの積極性はすごく、筆談や英語、スマホも駆使しての行動力には目を見はります。
子どもの力ってすごいなあ、と感心しきりでした。

翌日は虎園へ。
生きたニワトリを購入して投げ入れ、虎が食べる様子を見ましたが、すさまじかったです。

その後は子どもたちと別れて、北京へ戻り、4月のサミット(学会)でお世話になった世界中医学会連合会へ表敬訪問。
夜は中日友好協会の先生と会食しました。
中国の先生方の、中医学に対する熱意や、日中友好に懸ける思いを強く感じた日々となりました。

日本と中国は永遠の隣国です。
仲たがいをしていても、何の生産性もありません。
お互い会って、話し、知って、触れることが、交流の第一歩だと思います。
今回は漢方とは直接関係がない中国訪問でしたが、とても有意義な夏休みとなりましたよ。

ちなみに写真は北京駅です。
15年ほど前に比べて街や車がキレイで驚きました。
物価は日本とあまり変わらず、市民はスマホを普通に持っており、成長スピードはすごいものですね。
ただ交通ルールは、いまだに適当で、怖いなあと思うことが何度もありました。
これも次第に変わっていくのかもしれませんね。

down

コメントする




今日の富士山

遊びに行った話

過去記事