笑顔が一番-よろず漢方薬局のきままなブログ

静岡県裾野市(三島市、長泉町、御殿場)よろず漢方薬局から様々な話題をお届けします

静岡中医薬研究会での勉強会

time 2020/05/19

日曜日に、静岡中医薬研究会でのWEB勉強会がありました。
毎月1回程度の頻度で集まっていた先生方と長い間お会いできていないので、久しぶりに元気な声を聞いて安心しました。
とはいえ、参加できなかった先生もいらっしゃり、やはり早く会って意見を交わしたい気持ちの方が強いですね。

さて今回もコロナウイルス感染症に対する勉強会。
まだまだ漢方薬が活用できていない現状にもどかしいものがありますが、何かの役に立てる機会はきっとあるように感じています。
軽症の方が重症へ悪化することを防ぐための活用がもっとも漢方の活躍が期待できる場面とも考えますが、今は病院受診して医師の診断という形が自然であり、漢方が入り込むことが難しいようです。
それでも少数ながら漢方薬を活用されている医師の方々がいらっしゃることに希望が持てます。
また、漢方は予防でも活用できることが利点です。
もちろん絶対の予防は出来ませんが、感染、発症の確率を下げることは可能であるように考えます。
ポイントは「お血」対策。
最近は血管炎が重篤化の指標になるとの話や、血栓を生じることがコロナ感染症悪化の特徴であるという見解を目にする機会が増えました。
すなわち血管や血液を良い状態に保つことがとても大切である可能性が高くなっています。
「お血」体質のある方は、運動を心がけつつ、漢方薬の服用も検討してみて下さい。

down

コメントする




よもやま話

遊びに行った話

過去記事