笑顔が一番-よろず漢方薬局のきままなブログ

静岡県裾野市(三島市、長泉町、御殿場)よろず漢方薬局から様々な話題をお届けします

新型コロナウイルスワクチン接種の考え方

time 2021/09/24

ワクチン接種がかなり進み、希望者のほとんどが打ち終わっているように思います。
その中で、ワクチンについての様々な意見がネット上にあるようで、自分が接種をするかどうか悩むだけでなく、家族の接種についての相談も増えています。
医師や薬剤師など、専門家と呼べるような方がワクチンの危険性を発信していることが多く、日本だけでなく海外からの発信もあるため、信ぴょう性も高いと感じてしまうかもしれません。

しかしその多くは疑問符が付く内容がほとんどです。
たとえば、先行して行った医療従事者へのワクチン接種後に亡くなったとされる31名について、循環器系疾患が原因のケースが84%であったとされ、その割合は一般的な死因22%と比較して突出していると書かれている記事がありました。
この比較ですが、分母が大きく違うこと、統計を取った期間の違いも問題ですが、何よりもワクチン接種後に死亡された方の多くは接種時に末期ガンなどの病気であった可能性が極めて低いことが大きいように思います。
当然ワクチン接種後に短期間でガンで亡くなる方は少なくなりますよね。
いわゆる突然死の多くを占める循環器系疾患で亡くなる方が増えてしまうのは当然です。
また、自殺や事故で亡くなる方も多いなか、その報告がされていない可能性があります。
よって、このデータだけではワクチン接種後に循環器障害が起きる可能性が高まるとは言えません。
ちなみに亡くなられた31名についてはワクチン接種と死亡の因果関係は不明という結論が厚生労働省からは出されています。

これは一つの例ですが、なぜこのような非科学的な見解を発信する方が多いのかが疑問です。
私はその理由を売名行為もしくは商売がらみではないか、と考えていました。
しかし、もしかしたら最近は本気で信じ込んでいる人も多いのでは…と感じています。
専門家が本気で信じて、本気で発信していたら、一般の方が信じてしまっても致し方ありません。
一種の宗教のようなもので、そこには信念があり、非科学的であってもその方たちにとっては真実なのでしょう。
その考え方は少数意見かもしれませんが、それを完全に否定するのもいかがなものかと、感じます。

いずれにしても、自分の体へのワクチン接種を決めることが出来るのは自分自身だけ。
中学生であっても、信頼できる情報から、自分なりに決めるべきと思います。
そして、もしも家族や友人などが自分と異なる意見を持っていても、意見を押し付けることはするべきではないと考えています。

down

コメントする




よろず漢方薬局よりお知らせ

過去記事