笑顔が一番-よろず漢方薬局のきままなブログ

静岡県裾野市(三島市、長泉町、御殿場)よろず漢方薬局から様々な話題をお届けします

慢性炎症のリーフレット

time 2022/05/24

新しい慢性炎症のリーフレットが届きました。
慢性炎症とは、過剰に赤くただれたような部分が、慢性的に生じている状態です。
糖尿病、高血圧、脂質異常、肝疾患、認知症なども慢性炎症が関与していると考えられます。

中医学では「扶正去邪(ふせいきょじゃ)」と呼ばれる、「正気」すなわち防御力を高め、「邪気」すなわち体に害を及ぼす要因となっているものを除く、という方針が慢性炎症に対して良く使われます。
「人参」などが「扶正」に使われる主な生薬で、「半枝蓮」「白花蛇舌草」などが代表的な「解毒」の効能を持つ生薬です。
これらの生薬で役割分担を行い、体の「扶正去邪」を行うことで、慢性炎症に立ち向かうことが出来る訳です。

これらのことがリーフレットには詳しく載っていますので、慢性炎症対策を行い方、どうぞお気軽にお読みになってみて下さいね。

down

コメントする




よろず漢方薬局よりお知らせ

今日の富士山

漢方や体の話

過去記事