笑顔が一番-よろず漢方薬局のきままなブログ

静岡県裾野市(三島市、長泉町、御殿場)よろず漢方薬局から様々な話題をお届けします

東京での学術シンポジウム

time 2022/05/31

日曜日に、東京で行われた学術シンポジウムに行ってきました。
毎年行われている学術シンポジウムですが、3年ぶりに会場聴講者が入り、ハイブリッド開催となりました。
コロナ前は400人ほどの方が来られていましたが、今回は30名ほどと、思ったより少ない状況でした。

個人的にはZOOMと会場では同じ話を聞いていても、集中度、理解度が全く異なるようには感じます。
とは言え、会場まで出向く時間や金銭的な面を考えると、今後も配信は無くならないでしょう。
私も北海道や沖縄から3,4時間もかけてとなると考えてしまいます。
人それぞれメリットデメリットを天秤にかけて、ということになるのかと思いますが、やはり熱気あふれる会場も良かったなあと懐かしく思います。

さて今回のシンポジウムのテーマは不妊についてでした。
日本中医薬研究会が不妊症専門講座を立ち上げて学びをはじめ、今年が20周年となります。
20年前はちょうど私が中医学を学び始めてすぐの頃。
不妊対策における中医学活用の素晴らしさを知り、熱心に勉強していた時を思い出します。
それから数多くのお客様から喜びの声を頂き、私も少しは役立つことが出来たかなあとは感じています。
しかし、今回講演された矢内原レディースクリニックの黄木先生からは「中医学の先生に助けてもらいたいこと」という内容の話も頂きました。
まだまだやらなければならないことがあると肝に銘じ、これからも日々研鑽に励みたいと思っています。

down

コメントする




過去記事