笑顔が一番-よろず漢方薬局のきままなブログ

静岡県裾野市(三島市、長泉町、御殿場)よろず漢方薬局から様々な話題をお届けします

熱っぽい時には涼解楽を

time 2022/08/04

新型コロナウイルス感染症の第7波がピークとなり、解熱薬のカロナールが品薄になっているそうです。
カロナール以外にも解熱鎮痛薬はいくつもあるのですが、お薬の名前が独り歩きしてしまっている感じでしょうか。
イブプロフェン製剤なども解熱剤として使用できます。
冷静に対処したいですね。
ちなみにさっと調べた範囲ですが、「ラックル」という腰痛などに使用する市販薬はアセトアミノフェン主成分の商品のようですよ。
腰痛と書いてあってもアセトアミノフェンが入っていれば、解熱効果があるお薬です。

とはいえアセトアミノフェンも化学製剤であるため、個人的には「涼解楽」「銀翹解毒散」など熱っぽい時に使用する漢方薬を活用いただきたいと考えています。
今の新型コロナウイルス感染症の症状は、のどの痛みを訴える方が多いようです。
そのような時に「涼解楽」はピッタリの薬です。
「ちょっとノドがおかしいな」と思った時にすぐに服用してみて下さい。
常備薬としても適しているので、家庭にご用意しておくことをお勧めします。

down

コメントする




過去記事