おもちゃ新作

| コメント(0)

ご来店のお子様に差し上げているおもちゃの新作が届きました。
面白そうなおもちゃがたくさんありますよ。

以前にもあったマイクのおもちゃは、電池も入っていなさそうだったので、ただのマイクの形だけかと思いきや、声を出すと響いてびっくりしました。
どのような仕組みなのでしょう?
他にも楽しそうなおもちゃがありますので、お気に入りのものを探してみて下さいね。

子供おもちゃプレゼント.JPG

本日配信しました「よろず漢方薬局メールマガジン第440号」です。
よろしければご覧ください。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
   よろず漢方薬局メールマガジン(第440号 2017/3/29)
    =症漢論【症状から漢方を論じる】のススメ=    
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

今年はまだちらほらとインフルエンザの話を聞きます。症状は重くないよう
ですが、油断は禁物です。もしものために、板藍茶、天津感冒片、葛根湯を
常備しておくと安心ですよ。そして「おかしいな」と感じたら、早めに服用。
出来れば30分以内に飲んでみて下さいね。

==================================

より詳しく漢方や中医学を知りたい方はこちらもご覧ください。
よろず漢方薬局HPはこちら↓
http://yorozukanpo.com

==================================

○第440号目次

[症漢論【症状から漢方を論じる】のススメ]

[ミニ中医学知識]

[よろず漢方薬局からのお知らせ]

[よろず漢方HP更新情報]

--------------------------------------------------------------------

[症漢論【症状から漢方を考える】のススメ]

★春に調子が悪くなる★

中医学では「春」は「肝」の季節とされます。「肝」は自律神経の調整を担
うため、「肝」の状態が低下すると、イライラや動悸など自律神経の不調に
依る症状が出てしまいます。そして他の臓腑にも影響を与え、疲労感や胃腸
の不調など様々な症状を引き起こす原因ともなる可能性が考えられます。

すなわち春に調子が悪くなる方は「肝」が弱い方。また「肝」には「血」が
十分に蓄えられている必要があるため、「血」が不足気味の方も春に調子を
崩しやすくなると言えるでしょう。
ちなみに「肝」の状態改善のためには「逍遥丸(しょうようがん)」という
漢方薬が有効とされます。体質判断が出来れば一番ですが、春に調子が悪く
なる方の大部分は「逍遥丸」を必要としていると考えてもいいと思われます。

春は1年の始まりとも言える季節です。中医学の知恵も借りて、健やかにスタ
ートを切れるといいですね。


...次号は「痛みに強い」について説明をいたします。

--------------------------------------------------------------------

[ミニ中医学知識]...中医学用語解説"「清熱(せいねつ)」"

体にある「熱」を、寒涼の性質を持つ生薬の力で除去することを「清熱」と
云います。

カゼの際の「熱」だけでなく、皮膚炎をはじめ、炎症性疾患の際に使われる
治療方法です。

--------------------------------------------------------------------

[よろず漢方薬局よりお知らせ]

●営業日のお知らせ●

3月および4月は通常営業となり、日・月定休、10時から19時の営業となりま
す。どうぞお気軽にご利用ください。


●あたため茶を差し上げています●

ブログでも紹介いたしましたが、桂皮等の生薬が配合された「あたため茶」
を差し上げています。
レジ横に置いてありますので、どうぞご自由にお持ちくださいませ。


●婦宝当帰膠キャンペーンについて●

婦宝当帰膠キャンペーンは今週金曜日3月31日で終了となります。その後も
交換は可能ですが、シールの貼付はなくなりますので、ご了承ください。


-------------------------------------------------------------------

[よろず漢方HP更新情報]

★コラム
「海藻食べて、髪の毛ふさふさ?!」
http://yorozukanpo.com/contents/seikatsu/item002664.php
(3/16更新)

★ブログ
「金婚式のお祝いと白川郷」
「チャイナビュー220号」
「三島中医学研究会にてけいれんについて勉強」
「あたため茶ご自由にお持ちください」
http://yorozukanpo.com/yorozudayori/

--------------------------------------------------------------------

[編集後記]

春の甲子園大会が真っ盛りですね。静岡高校の敗退は残念でしたが、これか
ら試合も注目ですね。
また今週の金曜日からいよいよプロ野球も開幕です。私の応援する広島カー
プ、今年はどうでしょうか。「球春」とも言われますが、春は野球でワクワ
クします。

==================================

金婚式のお祝いと白川郷

| コメント(0)

日曜日に義父と義母の金婚式のお祝いをするとのことで、富山に行ってきました。
3人を育て上げて、二人元気で金婚式というのはおめでたい限りです。
孫は7人。
下は2歳からで上は12歳、平均7歳ぐらいでしょうか、子供がこれだけいると本当に賑やかです。
料理はお魚中心で、お祝い膳だけあって華やか、ボリュームもあり、お腹いっぱいに。
全員で15名の楽しい宴会となりました。

その日は富山に行く前に白川郷に寄ってみました。
合掌造りで有名な世界遺産ですね。
私はかなり以前に行ったことがあるのですが、あまり記憶がなく、子供たちは初めて。
ただ子供は昔の建物を見ても感動があまりないようで、どちらかというと"さるぼぼ"などのお土産ものに興味を引かれていました。
私、個人的には合掌造りの家々は惹きつけられるものがあります。
なぜなのか分かりませんが、感覚的に古い街並みや建物は「いいなあ」と感じるのですよね。
家の周りは雪を被った田畑の中を小川が流れ、田舎の自然がたっぷりで、すがすがしい景色が広がっていますした。
合掌造りの家に泊まれることも出来るそうで、一度は経験したいなあと感じました。


チャイナビュー220号

| コメント(0)

今月のチャイナビューのご紹介です。
220号ですね。

今号の中国探訪は麺のふるさと山西省。
「世界で麺と言えば中国、中国と言えば山西省」とまで言われているとか。
この地域は乾燥など天候の問題で米よりも小麦の栽培に適しているそうで、そのために麺のふるさとと呼ばれるほど古い歴史があるとのことです。
本文には麺の種類がたくさん紹介されていますが、表紙の写真も合わせ、どれも美味しそうです。
一度は本場で味わってみたいですよね。

また中国的生活では「中国結び」が紹介されています。
私も何度も見たことがありますが、縁起のよい、伝統工芸品とのことで、結び方によって願いは異なるそうですよ。

最後に菅沼栄先生の「漢方の知恵袋」のコーナーは、「下痢」について。
特に慢性的に下痢を繰り返している方は安易に考えてはいけません。
下痢は食べ物の消化吸収が上手くいっていない証拠ですから、長期的には体全体に影響が出てくる可能性が大です。
ぜひ今回の特集を読んでみて下さいね。

今月号のチャイナビューも無料で差し上げていますので、どうぞお気軽にお持ち帰りくださいね。

チャイナビュー220号.JPG

一昨日の夜に三島で開かれた、三島中医学勉強会に参加してきました。
今回のテーマはけいれん(発熱)ということで、小児の熱性けいれんだけでなく、チックやふるえなども含めて幅広く学びました。
講師の菅沼栄先生は、相変わらず絶好調で、約1時間あまりですが、ものすごい情報量の講義でした。

この分野は医学的に根本的な解決方法がなく、対症療法になってしまうため、漢方の出番も多いように思います。
もちろん命に関わる急性期は病院での治療が原則ですが、慢性的な症状の場合には漢方が役に立ちます。
簡単に改善できるというわけではありませんが、症状が和らいだ、回数が減ったというケースは多いので、お困りの方はどうぞ漢方をご検討くださいね。