笑顔が一番-よろず漢方薬局のきままなブログ

静岡県裾野市(三島市、長泉町、御殿場)よろず漢方薬局から様々な話題をお届けします

春分の日はなぜ祝日?

time 2010/03/20

明日3月21日は春分の日で、祝日です。

春分の日は昼と夜の時間が等しい日ですよね。そしてお彼岸の中日となります。

さて春分の日はなぜ祝日なのでしょうか?同様に昼夜が同じ長さの秋分の日も祝日ですが、夏至や冬至は休みではありません。何となく夏至や冬至の方が”ピーク”ですし、偉いような気もしませんか?

インターネットで調べたところ、明治時代より皇霊祭という皇室の行事が行われ祭日であったこと、農作物の豊作を祝う行事が古来よりあった、ということが分かりました。ちなみに法律上は「自然をたたえて、生物をいつくしむ」ために祝日とするという規定があるそうです。

いずれにせよ昔から特別の日として認識されていたことは間違いないようですね。
その理由を中医学の陰陽説で考えてみると、春分の日はちょうど陰から陽に転換する節目の日です。1日で例えれば、朝の6時、日が昇る頃にあたります。

よって春分の日はいわば日の出の日。こういった考えもあって重要視されてきたのかもしれませんね。

 

down

コメントする




今日の富士山

遊びに行った話

過去記事