笑顔が一番-よろず漢方薬局のきままなブログ

静岡県裾野市(三島市、長泉町、御殿場)よろず漢方薬局から様々な話題をお届けします

プラセボ製薬

time 2020/02/07

だいぶ前ですが、新聞記事で偽薬を売っている会社の紹介がされていました。
偽薬はプラセボと言い、何も薬用成分が入っていないものを「薬」と偽って服用してもらっても、ある程度の人に症状改善の効果が表れることが知られており、プラセボ効果と呼ばれます。
人間の心理的な影響が病気を治すことが実証されているのですよね。

ちなみに基本的に薬の承認の際は、プラセボを服用したグループと本物の薬を服用したグループに分けて試験を行い、
薬を服用したグループがプラセボ群と比較して有意な症状の改善効果が認められることが必要です。

さてその偽薬を売っている会社ですが、もちろん詐欺などではなく、偽薬であることを宣伝して販売しているそうです。
すごい発想だなあ、と感心しました。
確かに偽薬でも効果があれば良いのですから、需要はあるように思います。
敢えて体に害がある医薬品を服用しなくて済むのですから、画期的かもしれません。

ちなみにその会社はそのものずばりプラセボ製薬。
医療費の削減を謳っていますが、まさにその可能性がある会社だと思います。
今後に注目したいと思っています。

down

コメントする




よもやま話

今日の富士山

漢方や体の話

過去記事