不妊相談は裾野市三島市御殿場市のよろず漢方薬局
不妊相談は裾野市三島市御殿場市のよろず漢方薬局
  • 不妊と漢方
  • 皮膚病と漢方
  • 様々な病と漢方
  • 生活養生と漢方
  • 子供と漢方
  • ペットと漢方
TOP >>  不妊と漢方
不妊に効果がある漢方薬は何十種類もあります。その中で自分の体質に合った漢方を選択することが妊娠への近道。自分はどのタイプの不妊であるか、見極めることが大切なのです。
このHPが不妊で悩む方と漢方を結ぶ懸け橋になれば嬉しく思います。
      
2018年03月01日 投稿     女性に多い貧血。女性は生理によって月に一度は血液が失われるため、貧血になりやすいと言えます。当然、血液を作り出すたんぱく質を多く摂らなければなりませんが、体重を気にしてか、お肉などを控える女性が多いような気がします。 医学的に貧血は、血液検査を行い、ヘモグロビンの数値で判断します。標準値は女性で12から15ぐらい。11以下であれば注意となり、10以下の場合には鉄剤を処方されることが多いようです。 しかし貧血は程度にも依りますが、立ちくらみや動悸、息切れなどがなければ、当面命に関わる病気ではないため、軽視されがちのように感じます(もちろん大腸ガンなどで貧血になることもありますので、急に数値が変化・・・続きを読む

  
      
2018年01月04日 投稿     排卵期に見られる伸びるオリモノ。いわゆる「ノビオリ」は、女性の身体の状態を表すとても重要な指標です。気にしないと分からないという方も多いと思いますが、赤ちゃんを希望している方、不妊の方はぜひ知っておくべき体の変化です。 もちろんノビオリはあった方が良い状態。ノビオリの正体は「頸管粘液」と呼ばれる、膣内の過酷な環境から精子を守ってくれる大切な物質なのです。オリモノの話は「何か恥ずかしい」と感じる方も多いかもしれませんし、どうしても脇役になりがちなノビオリですが、卵が順調に育ち、女性ホルモンがしっかりと分泌されていることを裏付ける、とても大事なものなのです。 ノビオリは排卵の準備が整った時に分泌さ・・・続きを読む

  
      
2017年11月09日 投稿     女性の婦人科系の悩みと言えば、生理痛など生理時の症状がまず一つ。そして生理前の不調、いわゆる生理前症候群(PMS)が知られます。どちらも生理に関係する症状ですね。生理は女性にとって大きな"変化"の時期ですから不調が起こって当然という面があります。しかし、もう一つの大きな"変化"の時期である排卵期を忘れてはいけません。最近は排卵期の精神的な不調を訴える方が増えているように感じます。 医学的に見ても排卵期のホルモン変化は劇的です。また卵を放出するために、女性の身体は大きなエネルギーを使用しますし、生理時に負けないぐらい、大事な時期とも言えるのではないでしょうか。 妊娠を意識している方以外は排卵の時・・・続きを読む

  
      
2017年08月31日 投稿     甲状腺機能と不妊の関係は最近知見が増えてきているように思われます。というよりも、内分泌科と少しマイナーな分野であり、よほど問題となる症状がなければ詳しく調べることが多くなかった甲状腺が、様々な部分で大事な役割を担っていることが分かってきて、注目される機会が増えているような気がします。その流れで不妊との関連性も医学的に取り上げられるようになったのではないでしょうか。 そもそも甲状腺から分泌されるホルモンは、全身の臓器に影響を与えます。その役割は一言で言えば新陳代謝。よって、甲状腺機能が低下して、ホルモン分泌が少なくなると体の活力が低下しますので、だるさ、寒がり、低体温、便秘、むくみ、皮膚の乾燥な・・・続きを読む

  
      
2017年06月22日 投稿     妊娠までのステップは多数ありますが、一つの大きな節目が着床です。子宮内膜に受精卵が着床することでhcg分泌が始まり、これがいわゆる妊娠反応となりますので、赤ちゃんを待ち望んでいる方にとっては着床が目標の一つとなってきます。 しかし特に体外受精を行っている方にとっては、一つの壁になるのが着床でもあります。グレードの良い受精卵が出来ているのに着床しないというケースもあり、子宮内で起こっている目で追うことのできない事象にもどかしさを感じることも多いことでしょう。受精卵までは「見える」のですが、そこから先は「見えない」ので不安に思って当然かもしれません。 着床は今の医学でも完全に解明されていないブラッ・・・続きを読む

  
      
2017年04月13日 投稿     不妊相談を受けていると「今月は生理が2回来た」というお話を聞くことがあります。生理は月経と言うぐらいですから、月に2回来ると不安を覚えてしまうのだと思います。しかし月の初めの1日に来て、後半29日にもう1回と言うような感じであれば、28日周期で全く問題ありません。生理が始まった日を1日目と考えて、次の生理までの日数で考えるといいですね。 とはいえ、特に不妊傾向で、生理周期が以前は28日であったのに、少しずつ短くなり25日となった...というような方も多く、この場合は注意が必要です。理想の生理周期は28日から30日ですが、32、33日などと長くなるより、24、25日と早まる方が心配な印象がありま・・・続きを読む

  
      
2017年02月02日 投稿     不妊対策としての使用頻度が高く、その実績に優れた漢方薬である「婦宝当帰膠」。甘味のある液体で、飲みやすい点も人気の理由でしょう。一方で名前の似た「当帰芍薬散」。こちらは病院で処方されることが多い漢方薬で、婦人科疾患には幅広く用いられ、不妊対策としてお勧めする医師も多いようです。 どちらも不妊に使われる漢方薬であり、名前も似ていますが、処方名が異なれば当然内容も異なり、効能も同じではありません。どうしても似たイメージがある二つの漢方薬ですから、その違いについての質問も多いので、今回はその比較をしてみたいと思います。 まず「当帰芍薬散」は、教科書では「和解剤」に分類されています。「和解剤」とは、臓・・・続きを読む

  
      
2016年11月24日 投稿     生理前に感じる胸の張りや痛み。生理が来る前の兆候として、特に気にしていない方も多いかもしれません。しかし妊娠を考えている方にとっては無視することは出来ない症状の一つになります。プロラクチンという催乳に関係するホルモンの数値が高いと排卵に影響すると云われ、このプロラクチンが高いと胸の張りが生じることが多いとされます。 すなわり胸の張りが強い方は、排卵障害が起きる可能性がある、とも言えます。 しかしながら、胸の張りがあるにも関わらず、プロラクチンの値が正常の方もいらっしゃいます。そうなると当然のことながら、医学的には問題なしとされます。確かに胸の張りは本人にしか分かりませんから、客観的に示される値・・・続きを読む

  
      
2016年09月15日 投稿     しばらくぶりですが、今回は不妊でご相談を受けた方の妊娠例をいくつかご紹介いたします。同じ不妊の相談でも、本当に様々。私も一緒に泣き笑いしてきました。 1)46歳(初回来店時41歳、ご主人37歳) 検査で大きな問題なく、プロラクチンが若干高い程度。生理順調、冷え症。ご主人ストレス多い、お腹を下しやすい。 ↓ 「婦宝当帰膠」「逍遥丸」服用後、お腹が空くようになったとのこと。ご主人は「開気丸」で調子悪くない。 ↓ 2か月後に人工授精で妊娠反応陽性も流産。 ↓ 「杞菊地黄丸」「冠元顆粒」「参馬補腎丸」などを加え始め、ご主人は「星火健脾散」や「イーパオ」など。 ↓ その後体外受精に進むが、流産もあり、空・・・続きを読む

  
      
2016年07月07日 投稿     20代、30代で閉経してしまう早期閉経(早発閉経)。日本産婦人科学会の資料によると、30歳未満の0.1%、40歳未満の1%にみられるとされます。30代で100人に1人の計算ですから、日本全体では何万人という数になってきます。これから妊娠を考えようとしていた女性は非常にショックですし、女性ホルモンの減少に依って骨粗しょう症などのリスクも高まるとされます。そして何より、生理が止まってしまうということは、女性にとっての精神的なダメージがとても大きいと感じます。 血中の検査でFSHが高かったり、不妊の検査をする病院ではAMHが0に近いと、早期閉経の可能性が高くなります。染色体異常が15%で認められたり・・・続きを読む

  
 
    
妊娠しやすい体づくり-男性編
  
    
妊娠しやすい体作り-女性編
  
    
子宮腺筋症
  
    
生理時に体温が下がらない
  
    
精子の質をよくする3大ポイント...節度ある性生活・熱を避ける・運動
  
    
子宮外妊娠の予防
  
    
亀鹿仙-亀の力を取り入れて
  
    
不妊の方の妊娠例(4)
  
    
茶オリは良い?悪い?
  
    
空胞を防ぐために
  
    
7の倍数の変化と不妊
  
    
男性不妊と補中益気湯
  
    
不妊のはなしウソホント(2)
  
    
不妊のはなしウソホント(1)
  
    
当帰のはなし
  
    
不妊情報集めの注意点
  
    
不妊カウンセリング学会講義を聴いて
  
    
不妊治療と仕事の両立を考える
  
    
不妊治療人工授精について
  
    
不妊対策としてのプラセンタ
  
    
お血と不妊
  
    
不妊と性欲の関係
  
    
不妊に良いお茶?たんぽぽ茶考察
  
    
FSHを下げる
  
    
生理不順と不妊
  
    
不妊の原因は男性が50%
  
    
不妊の方の妊娠例(3)
  
    
基礎体温が高い
  
    
なぜ不妊に漢方なのか
  
    
子宮内膜が薄い時の漢方
  
    
妊娠を望んでいる方の日常の過ごし方
  
    
EDと不妊
  
    
高テストステロンによる不妊
  
    
不妊と体重の関係
  
    
PMSと不妊の関係
  
    
卵管水腫と不妊
  
    
LUFと漢方
  
    
不妊と排卵痛の関係
  
    
不妊を防ぐ養生(男性編)
  
    
不妊を防ぐ養生(女性編)
  
    
不妊の方の妊娠例(2)
  
    
体温が低いと不妊になるのか?
  
    
ピックアップ障害による不妊と漢方的対処
  
    
イライラ不妊
  
    
不妊とAMH/卵巣の若返り
  
    
不妊と不正出血の関係
  
    
原因不明の不妊
  
    
卵巣のう腫と不妊の関係
  
    
不妊と冷えの関係
  
    
不妊の方の妊娠例
  
    
卵管障害による不妊
  
    
抗精子抗体による不妊の可能性
  
    
無排卵の対処法
  
    
流産を漢方で防ぐ
  
    
不妊よさらば!生理痛を漢方で治そう
  
    
不妊に用いる排卵誘発剤クロミッドの副作用対処
  
    
高プロラクチンと不妊
  
    
黄体機能不全による不妊と漢方
  
    
子宮内膜症と不妊の関係
  
    
多のう胞性卵巣症候群と不妊
  
    
不妊治療(体外受精など)中の漢方
  
    
子宮筋腫と不妊の関係
  
    
第2子不妊を考える【二人目が授からない時の漢方】
  
    
高齢不妊と漢方
  
    
不妊の漢方周期療法(2)
  
    
不妊の漢方周期療法(1)
  
    
不妊と婦宝当帰膠
  
    
男性不妊と漢方(2)
  
    
男性不妊と漢方(1)
  
    
オリモノが多い
  
    
生理の量が減ってきた
  
    
基礎体温測定のメリット・デメリット
  
    
不妊に使われる漢方薬と治療方法
  
    
愛し合うタイミング
  
    
赤ちゃんは健康な夫婦のもとにやってくる
  
    
妊娠への近道は睡眠にあり
  
 

よく読まれてる記事